競売より高値で売却

ローンの滞納が続くと、不動産は競売にかけられ強制的に売却されます。自分の意思を反映し少しでも高値で住宅を売却するなら任意売却を行うことが大切です。任意売却は、業者に依頼することで円滑に行えます。

賃貸のメリット

近年では、分譲マンションなどの購入型のマンションに住む方も増えてきましたが、購入型では生活の範囲が限られてしまうので転勤などの可能性がある方は賃貸マンションなどの方が良いと考えられています。

家族から学生の一人暮らしまで、あらゆる世帯に対応!寝屋川の賃貸物件のことなら、アパレンにご相談ください!

賃貸物件の工夫

賃貸では費用に合わせた部屋選びができますが、できるだけいい部屋に安く住みたいと考える方が多いでしょう。ここでは、家賃などをできる限り抑える工夫などをお教えするので参考にしてみてはいかがでしょうか。

返済が厳しいなら

新居を探すなら中央区の賃貸マンションはいかがですか?アクセスが便利でお買い物にも不自由しないおすすめ物件がたくさんありますよ!

住宅ローンの返済が困難になってしまった場合には

 住宅ローンの返済を滞らせてしまうと、自宅不動産を競売にかけられてしまう可能性が生じます。住宅ローンを組む際には、その債権の担保として、金融業者が第一順位の抵当権を設定するのが当たり前になっています。万が一住宅ローンが返済されないような事態に陥ってしまっても、金融業者側としては、この抵当権を実行して自宅不動産を換金することができるので、見知らぬ個人に対しても融資できるという仕組みになっています。とはいえ、競売では二束三文の値段で買い叩かれてしまうことになりますから、債務者は自宅不動産を失った上に、多額の残債を負担し続けることになるケースが多いです。まさに踏んだり蹴ったりの状態になってしまいますので、競売ではなく、自宅不動産の任意売却を考えるようにした方がよいでしょう。最近は、任意売却物件を専門に取り扱う業者がたくさん登場してきていますので、そのような業者を利用して任意売却を図るのが、最も賢明な方法です。

手持ち資金がほとんどない場合には

 自宅不動産の任意売却を希望していたとしても、業者を利用するためには料金がかかります。住宅ローンの支払いを滞らせているような人は、生活が困窮しているのが普通ですから、業者に支払えるようなお金など持っていないという人が大半です。でも、今現在全く手持ち資金がないという人でも、任意売却専門業者を利用することができます。なぜかというと、自宅を売却する契約を結ぶことができない限り、料金を支払う必要がないためです。また、ほとんどの業者が自宅不動産の売却代金の中から手数料を徴収するシステムを取っていますので、わざわざ別に現金を用意する必要がありません。任意売却専門業者の中には、売却の際に必要になる登記費用や引越し費用を債権者負担にしてもらえるように努力してくれる業者も存在していますので、頼りにすることができます。